時間

住人

すごくびっくりしたことがあります。

6歳差の妹が知らない間に女子高生になっていました。

私は腰を抜かし、目を丸くし、お腹を叩きました。

あんなに小さくて、いい子いい子して、髪の毛もまだ薄くて、目が丸々で、「ごー」が口癖だから

100÷20は?とか

x^3-15x^2+75x-125=0の解は?

とか投げかけて

「ごー」

「わー天才、〇〇ちゃん、すごいね!」みたいなことをしていたというのに。

私の中で妹=小学生くらいでずっと止まっています。

恐ろしいです。

時間。

光陰矢の如しは大袈裟ではない。

テストが大変だそうで、落ち着いたら電話でもしようと思います。

もっと妹の近況を把握しておくべきだと反省しました。

兄弟の誕生日をこの前知った、みたいな友人もいて、その距離感の違いもまた不思議ですね。

忍田 広昌

言葉のチョイスは軽やかなのに、根底にはしっかりとメッセージが流れている、そんな文が好きです。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。