11月(2)

ぬいぐるみが好きです。

初期費用しかかからないからです。

サブスクが増えたこのご時世、珍しい代物です。

それでいて、いつだってこちらを円な瞳で見つめてきます。

悲しんでいる時は悲しみを和らげる笑顔で、うれしい時はうれしさを倍増にする笑顔です。

そのぬいぐるみは、江戸時代につくられたんですよと店員さんに説明を受けます。

じゃあ、参勤交代も見てきたんですね。

そうかもしれません。店員さんは苦笑いします。

家に帰って物置を整理していると、アンパンマンのぬいぐるみが出てきました。ほこりをかぶっていました。

小学生くらいのころに「アンパンマンってカッコ悪いね、汚れてるし」みたいなことを誰かが言った時に、アンパンマンがそれを聞いて「そうだね」って返したのを見たとき、なぜかボロボロ泣いたを思い出しました。

アンパンマンを見つめているうちにあんぱんが食べたくなってきました。

近所のパン屋に行くと、いつも大量にあるはずのアンパンマンパンが売り切れています。中にあんが入っている、アンパンマンの形をしたパンです。呆然としている私に、店員さんは言いました。

「すみません、アンパンマンガチ勢のお兄さんがさっき全部買って行っちゃいました。」

アンパンマンガチ勢……

忍田 広昌

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。