幸せの定義

住人





そう。
いまみなさんがおもったことは正しいです。
幸せは定義づけられない。


いまあるすべてのことは全部そうだけれど、
本当にぜんぶぜんぶ人それぞれであるし
わざわざ誰かが定義づける必要はない。
ていうかなにかと定義づけようとする人のことあんまり好きじゃないし。
だから定義づけたいわけじゃあない。
じゃあこのいかにも自己啓発本にありそうなタイトルはなんなのかというと、

最近、ものすっごく幸せで。


だけどそれを感じたとき、同時に
「なんだこれ?」
とおもってなにか不思議で、
そして5秒後にこんどは
ものすごい不安に襲われるんです。

毎日毎日そうなるので、
毎日毎日考えないわけにはいかなくて
だからいま一番あたまの中で大きくいる考えごとが
「幸せっていったいなんなんだ?」
なんです。



どうして幸せを感じたとき、
「なんだこれ?」とおもうのかは、
だいたいわかっていて、
じぶんがなにも努力していないのに、それに対して大きすぎるものを得たとき、わからなくなるんです。

どうしてじぶんがこんなに素敵なものをもらえるのか、
いったいこれはなんの知らせなのか、
もしかして近く死ぬのかな?とか、
だってなにもしてないのに、
こんなにもらえるのはおかしい。
どこかでなにか大きな大きな代償が来るんじゃないかっておもうんです。

気持ちがいっぱいになって、あふれていく感覚。



みなさんはどんなときに幸せだなあって感じますか?

おいしいご飯を食べたとき
気ごころ許した友達と話しているとき
自分の努力が実り、形になったとき
だれかの成長を近くでみたとき
そして、だれかが幸せを得たとき。

幸せの種類や大きさは、
ほんとうにたくさんあって、
というか大きさなんてほんとは測れないので、
くらべることもできないし、その必要もないのだけど。


どうしてぼくらはくらべるんだろうなあ。
それをすることで、
じぶんも、場合によっては相手も、
なにか重たい気持ちになることは経験しているはずなのに。


幸せを感じるタイミングや、その頻度、
感じ方や感じてから考えることはほんとうに人それぞれで、
それがどんな形であれ、どんなときであれ、
それぞれにほんとうに大きな価値があるなあとおもっていて。

だからやっぱり幸せに定義づけなんていらないんです。
幸せなとき、
「あ、いま幸せだ。」っておもえたら、
そんなにいいことはないんです。それが最高です。





幸せを感じて、なんだ?っておもって
ああそれが、なんでなのかわかったあとに
まだなにか、大きなものが詰まって飲み込めていないような、
どうしようもなくなにかが邪魔をしてすっきりせず、頭の中をそのままうす暗い霧でおおってしまって、なにを考えるにもなにを思いつくにもこのもやもやを通してしかできなくなってしまう。


まだ考えなければいけない。
終わっていない。
それがなんなのかを見つけなければならない。
気がする、








ああそうか


そういうことか、




わかってしまった






わかってしまったのです。
どうしてじぶんがこんなにじぶんが幸せを感じることに違和感を感じ、思考を止めてはいけない、考えて突き止めなければならないとおもっていたのか、
わかってしまいました。

しまった、なんて言っているくらいですから、
見つけたくなかったんだとおもいます。
わかりたくなかった。
わかってしまったら、離れなければならない理由と即結するのがわかっていました。
なんでわかっていたかはわかりません。
ただ、それが形として頭に浮かんだとき
とんでもなく寂しくなりました。
今までもそうしてきたのかもしれないけれど、
こんなに寂しくなったのは初めてだとおもいました。


だれに離れろと言われているかもわかりません
なんでそんなに強烈に反発させるのかも
その結果がこの先どういうふうに表れるのかも
どうしてじぶんなのかもわからない


どういう感覚なのだろう。
説明できません。
あんまりしようともおもわないのです。
だからかくのがすごくむずかしくて、
なんて言ったらいいのか、どこまで出すのか、
そもそもかく必要があるのかもわかりませんでした。


だけどじぶんのために、
のこしておきたいなと、おもいました。

いつかこの葛藤と、
気づいたときの絶望を抱えて
この先を進んでいく
どうしようもなくよわっちいじぶんが
少しでも救われる気持ちになってほしいとおもいながらかいている気がします。

いつか

それがいつなのかはわからないけれど、



何度読み直してもわからないような
読みにくい記事でごめんなさい。





ちい
ちいは応援している。
がんばってほしいとおもっている。
だからどうか負けないで、
どうかがんばって、
どうかつかんでほしい。
どうかうまくいくように、願っているから、
一緒に頑張ってほしい。
どうか、





幸せの形は、
それぞれの定義や感覚は、
きっと他人に理解されるほど単純じゃない。
みんなそんなに簡単に生きてない。
人間はにんげんが思っているよりも生きるのが大変だし、想像できることの何倍も何倍も何倍も、
たくさんのことを感じて、
考えて、
伝えたり伝えなかったりして生きているとおもう。
そんなに頑張っているのに、
人間同士でさえ分かり合うのはすごくむずかしいし
伝えるのはものすごく難しい。
そんなひとたちの幸せを願っては、
なにが都合が悪いのだろう?
だれの都合が悪いのだろう?
ぼくらはぼくらの幸せを、
切実に願いながら生きていこうよ。
願うことしかできなくても、
願うことしかできないのなら、
強く、強く、強く
だれよりもぼくは
みんなの幸せを願っている。
願っていく。
それが何にならなくても
ぼくらの世界は進み続けるから、
明日も願い続けて明後日も願い続けて
しあさってのぼくらを救いたい。
その願いをまとめてぼくが必ず届けるから、
だから見ていてほしい。
願わなくて、応援しなくて、興味がなくてもいいから
みていてほしい。


ぼくがいくよ。
ぼくは大丈夫。
ぼくがやる。
絶対。絶対。
絶対なんだ。
がんばろうぼく。
がんばろう。
止まってなんていられないんだ。

ぼくは頑張りつづける。
ぼくは戦いつづける。
ぼくは、勝ちつづける。



そしてぼくがみんなを幸せにするんだ。










————————————————–










やっとかけました~~
それでもやっぱりかききれたわけはないけれど、良かった。うれしいです。
勝手に勝手なじぶんのための記事で、
あ、謝ろうとおもったけれど、
ここはそういう場所でした。

2020年が終わりますね。
すべてのみなさんにこころから本当に
おつかれさまと言いたいです。
たくさんたくさん頑張りました。
みんなみんな本当に。
どうかよいお年をお迎えください。
風邪をひかないで、すこしお酒なんか飲んだり、
それぞれいろんな状況にあってもみなさんが
すこしでも気を抜ける時間があったらなあとおもいます。
この先がみなさんのためにあって、
みなさんがすこしでも良くあれますように、
こころからみなさんの幸せを願っています。
1年間本当にありがとうございました。
どうか2021年もよろしくお願いします。

それでは!
よいお年を!です!


ちいでした☻



ちい

人と話すのが好きです!その人のことを考えるのはもっと好きです。自分の”好き”になりたい、と思っています。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。