ホームタウン

住人

ホームタウンという言葉は、地元や故郷を指すだけでなく、住んでいる街、住み慣れた街という意味も持つ、らしい。

生まれ故郷の新潟県上越市はホームタウンだし、14年間住んだ長野県長野市もホームタウンだ。自分がここで過ごしていると実感できる場所であれば、そこは自分にとってのホームタウンだ。

おどりばも、自分にとってホームタウンのひとつだ。2019年6月から、住人のみんなと過ごしてきた。自分自身と向き合い自問自答した過程を記事として綴っていく中で、他の住人の言葉に触れて過ごしてきた。

普段の生活の中で、話したいことを話せる場所が少ないと感じている。人の本質に触れることが僕は好きだ。何が好きで、どういう考えを持っていて、どういう悩みや不安を持っているのか。そういったことを知りたいし、お互いに心地よくやりとりできると、嬉しく思う。しかし、日常では、人の本質に触れられる機会は中々ない。うまい具合に、互いが互いに、傷が付かない距離を探りながら、開示する広さや深さをセーブしながら、日々過ごしているような気がする。そこに寂しさを感じてしまう。

おどりばは、居心地良く過ごせる場所だった。住人の本質に触れられ、直接会わずとも言葉を交わせる、自分にとって「こういう場所」が欲しかったと思える場所だった。自分の中の問いを深め、新しい視点を得て、それが普段の生活の中で活きることにも繋がった。

おどりばにいる期間で、退職、転職活動、再就職、地元へのUターンなど、様々なことがあった。これらは勝手に起きた事象ではなく、おどりばで過ごすことで自分と向き合い、行動した結果だ。居心地良く過ごせる場所だと先ほど書いたが、辛いこともあった。自分と向き合う、弱さを認めることは、基本的には辛いことだ。逃げても、生きていける。それでも向き合ってこれたのは、同じように向き合っている人たちと、おどりばで出会えたからだと思う。階段を登り、先に進むことができた。歩んだ道を振り返ってみて、良い方向に進んでこれたかなぁと思っている。

愚痴聞き屋との出会いは、おどりばがきっかけだ。14号室のそー君、元25号室のこーへい君と出会い、愚痴聞き屋に誘ってもらった。長野駅前や東京の路上で、道ゆく人の愚痴を聞いた。ここも、人の本質に触れられる、自分にとって良い場所だった。いまは自分が新潟に来てしまったので、以前のように三人で路上には頻繁に出られないかもしれないけど、二人で自由にやってほしい。二人がどう思っているかわからないけど、気持ちのうえでは、僕はまだ愚痴聞き屋で、そうやっていさせてもらいたいです。また自分も一緒に路上出るね。



おどりばでの記事更新を、本日をもって終了します。おどりばにいなくても、今後も自分と向き合っていける と思ったから。また、いつでも、おどりばに行けると思えるんです。おどりばの近所に自分はいます。他の住人の記事を読みにも行くし。

おどりばだって、
長野だって、路上だって、
いつでも行ける。ホームタウンだから。

居心地が良くて、そこにいる実感が持てて、離れたとしてもまた行けると思える場所、ホームタウンという言葉にそれだけの意味があるかは知らないけど、自分の中では、そういう意味も持つということにします笑





直接であるかどうかを問わず、多くの出会いを、おどりばは僕に与えてくれました。ありがとう。また、会いに行きます。会ったことのない住人とも、お話ししてみたいと思っています。









僕が去ったあとの24号室は、自分と向き合いたい人に、使って欲しいです。

おどりばは、ずっと過ごすところではありません。いつか、部屋を出る時が、誰にでも訪れます。それでも、そうであったとしても、この優しい場所が、これから先も続くことを、心から願っています。



おどりばにいて、やりたいことがわかりました。対話できる場を持つこと、つくることです。自分がやりたかったのは、ありたいようにあれて、話したいことを話しあえる環境に身を置き、そして自ら場をつくることです。心地よく開示しあえる関係性をつくり、そうやって過ごす中で、今いる場所がホームタウンだと思えるようになるんじゃないかなぁ。

強くなくても過ごせる、落ち着く居場所、優しい居場所がもっと増えたらいいなと思っています。






退去の準備ができました。
忘れ物はしていないはず。


そろそろ部屋を出ます。
ありがとう。

また会おうね。



ラストナンバー: プライマル。/ THE YELLOW MONKEY


今後も文章は書き続けます。
 Twitter: https://twitter.com/hhh_wat
 note: https://note.com/5000wat

ワタナベ

THEYELLOWMONKEYが好きです。

プロフィール

関連記事一覧

  1. ニルン

    こんな深夜だけど読みました!!
    おどりば最後ですが、綺麗な文章でした
    合ってるか分かりませんが一言「お疲れ様です。」

    転職やUターンの話は相談貰ってたので感慨深いです!

    最後の方の写真や文章にやられました!

    そして最後にプライマルを持ってくるのは最高!!

    ただし聞くと泣いちゃうんだよな~